1. ホーム
  2. よくある質問

よくある質問

子供を連れて行きたいんだけど、OKですか?

全然大丈夫です!託児室はありませんが、退屈しないようにスタッフが遊びながら待つことは可能です。
DVDや、子供さん向けの本もあります。お気に入りがあれば、お持ちいただければ幸いです。

最近、仕事が忙しくてすごく疲れてます。美容室でも癒しのメニューがあると聞いたのですが、どんなものがありますか?

おおげさに聞こえるかもしれませんが、正直カットを始め、すべての技術が癒しであり、リフレッシュできる様にと努めておりますが、中でも、ヒーリングシャンプー・ヘッドスパ・ハンドエステ・フェイシャルエステ・シェービングなど…
たくさんありますので、ぜひ日に一度は、頑張ってる自分へのご褒美としてご活用してみてください。

美容室に行くことが緊張しますし、肩が凝ります。

あら、大変!でも安心して気楽にいらっしゃってください。決して叩いたり、いじめたりしませんよ(笑)
でも確かにずっと座って、時間も長かったりすると、肩が凝ったり、疲れる方もいらっしゃいますよね。でも気軽に言ってみてください。
特に目をつむって体をあずけたくなるような癒しのメニューもありますし、長い時間が苦手な方には例えばカットとカラーや、カットとパーマなど複数の施術の場合には、日を分けて、ご来店いただくことをおすすめしたり、 マッサージもサービスで希望の部分を長めに行ったり致しております。お客様本意のお店ですので、できる限りのことは努めさせていただきますので、気楽に言ってみてくださいね!

サロンに、シャンプーやスタイリング剤だけを買いに行ってもいいの?

ぜひ、いらっしゃってください。
スタイリングの仕方もレクチャーできますので、気軽に足を運んでください。

市販のカラーとサロンのカラーは何が違うの?

おおまかな違いは色の種類と、傷みではないでしょうか。
サロンカラーは臭いが強めですが、力は最小限に抑えて、色味も一人一人、元々持っている色が違いますから、今の現状に合わせて予測したうえで、調合していきます。傷みにつながる成分の蓄積もおさえられています。
市販のカラーはいい匂いにはされていますが、簡単に誰でも出来て、失敗がないように強めの設定になってます。また、色が入りやすいように赤系のブラウンが入っていますので、出せる色は限られてきます。
また、カラーチェンジの時も少々困難になってしまうのではないでしょうか。

近々結婚式を挙げる予定ですが、ブライダルの美容プランとしては、何をいつ頃、どうしていけば良いのでしょうか?

結婚式は基本的な形としての決まりはなく、特に最近は、ご両家の間で幅広く自由なスタイルで行われる傾向に見受けられます。
それに伴い、当店におきましても、お客様一人一人の挙式のプランや、準備にかけられる時間の有無、ご予算に合わせた形でのメニューのご提案ができるように、細かく内容の設定が選べる形でご用意させていただいております。
理想的な例としましては、御新婦様の約3ヶ月前からの、フェイシャルエステパックやデコルテエステ、ハンドエステ(各数回)、リハーサルシェービング1回(約1~2ヶ月前)、直前シェービングエステパック(約5日前)、時間があれば、ヘッドスパやヒーリングシャンプー、ヘアトリートメント(各数回)
御新郎様のリハーサルカット・セット(約1ヶ月前)
ヘッドスパやヒーリングシャンプー(各数回)
当日のシェービング・シャンプー・セット
詳しくは当HPのブライダルをクリックしてご覧くださいませ。なお、御新郎御新婦様のほか、御参列者向けのメニューもご用意いたしておりますのでご参考くださいませ。

こうしたいというスタイルはあるんだけど、どう伝えていいかわからない?

フロント、サイド、バックなど、決まっている部分だけでも大丈夫ですよ!それに合わせてご提案させていただきます。
もしくは、切り抜き、写メなどをお持ちいただいても大丈夫です。お店でご用意してあるスタイル誌を参考にされるのも大丈夫です。

セットが長持ちしないし、日によって差が出るのですが、どうすればうまくできますか?

スタイリング剤に頼りすぎていませんか?スタイリング剤は、セットを維持させるための重要なアイテムですが、最後の決め手です。
まず一度髪をシャワーで濡らし、くせを取り除き、ドライヤーを使ってセットしましょう。その際にまず、根元から乾かし、風の当てる向きに注意しながら方向を決めて、100%まで乾かします。
次に中間~毛先をにぎったり、流したりしながら形づけていきます。
髪は温めたものが冷める時に、また、湿った状態から完全に乾くときにしっかりと固定することが可能になります。
この力を上手に利用してセットを楽しんでください。

クセ毛で、髪が広がってまとまりません…!!

クセを活かせるスタイル作りを考えることが一番おすすめですが、広がらないようにまとまりをつけたいようであれば、髪質改善のストレートをおすすめ致します。ツヤや手触りもびっくりする程良くなりますし、方向も自由に決められますよ!

髪が傷んでしまったのですが、元に戻りますか?

残念ながら、一度傷んでしまった髪は元に戻すことはできません。しかし、傷みの広がりを抑えたり、予防することはできます。
日々のシャンプーや、トリートメントの選び方や、スタイリング剤、保護系のものを使用して、ケアしていくことが大切です。
サロントリートメントは効果大です。タンパク質を閉じ込めてコーティングするので、何もしなくても約一カ月効果が持続します。
それと共に、アイロンやホットカーラーなど、直接高い熱を必要とするものには気をつけましょう。髪がタンパク変性をおこして傷んでしまいますので使用回数を控えめにしたり、必要以上に時間を長く置かないようにしましょう。また、強引なブラッシングや、静電気も傷みを広げる原因になります。

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いって何ですか?

リンスは髪の表面をコーティングし、櫛(クシ)どおりを良くします。
トリートメントは髪の内部に栄養と潤いを与え、タンパク質を補い、すこやかに保護します。コンディショナーはその中間に値すると思っていただければ良いでしょう。

トリートメントはたまにで良いと聞いたのですが?

毎回行ってください。リンス・コンディショナー・トリートメント、またはパックのいずれか一つで良いのですが、カラーやパーマをしている方は髪の内部にも多少のダメージを与えてしまうため、トリートメントかパックがおすすめです。
その際、つけてから最低5分は放置して、(できればホットタオルやキャップをして)浸透させてからすすいだ方がより効果的です。

抜け毛が多くて気になります。

季節の変わり目が多いのですが、毛穴に皮脂がつまるのも一つの原因になります。
ヘッドスパや、クレンジングをおすすめします。
一日に成人で、通常生理的に70本前後、抜ける計算になります。
それ以上かなとご心配な方は、当サロンでマイクロスコープ(頭皮を見るカメラ)を使っての根元チェックも行っておりますので、ご相談ください。

※質問をクリックすると、回答が閲覧できます